サッカー場で採用試験、韓国 コロナ対策で安山市の都市公社

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
4日、ソウル近郊の安山市のサッカー場で行われた筆記試験(聯合=共同)
4日、ソウル近郊の安山市のサッカー場で行われた筆記試験(聯合=共同)

 【ソウル共同】韓国・ソウル近郊の安山市都市公社は4日、職員採用の筆記試験をサッカー場で行った。新型コロナウイルス感染拡大を防ぐための措置。マスク姿の受験者約140人は、芝生の上に5メートル間隔で置かれた机に向かい、問題に取り組んだ。韓国メディアが報じた。

 韓国でも新型コロナの影響で採用試験の延期や取り消しが相次いでいる。報道によると、公社側は「延期するか悩んだが、受験生は一日でも早く職を得たいと思っているだろうと考え、野外で実施した」と説明。受験生も「寒かったので大変だったが、試験を受けることができてよかった」と話した。