スポーツで地域活性化! 「コミッションおおがた」始動

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ボート競技の拠点となる大潟漕艇場のボートセンター
ボート競技の拠点となる大潟漕艇場のボートセンター

 スポーツを通じた地域活性化を目指す秋田県大潟村の組織「スポーツコミッションおおがた」が本年度、活動を始めた。ボートや水上スキーなどの合宿・大会の誘致を進めるほか、スポーツ教室や体験型ツアー実施などを計画している。関係者は「村ならではの環境をPRし、スポーツによる交流人口の拡大につなげたい」と意気込んでいる。

 地域でスポーツ指導に取り組んでいる村民など8人が運営委員会を組織。県ボート協会の伊藤次男会長と県水上スキー連盟の杉渕正英会長らが顧問、日本スポーツツーリズム推進機構(東京)の中山哲郎事務局長らがアドバイザーを務める。事務局は当面、村教育委員会に置く。

 コミッションでは▽合宿・大会の誘致活動▽スポーツ環境と観光のPR▽利用者ニーズの調査▽スポーツ教室・大会の受託および主催―などに取り組む計画。本年度はホームページ制作やスタッフ養成を行うとしている。

(全文 804 文字 / 残り 423 文字)