コロナ→宴席減→仕入れ減→魚価下落 漁業者「死活問題だ」

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
水揚げされた魚介類の競りが行われた男鹿市の椿漁港=1日午後5時ごろ
水揚げされた魚介類の競りが行われた男鹿市の椿漁港=1日午後5時ごろ

 新型コロナウイルスの影響で、魚の価格が大きく下落している。宴席のキャンセルが相次ぎ、大口となる宿泊施設や飲食店向けの仕入れがほとんどなくなっているためだ。秋田県内の漁業関係者は「死活問題だ」と頭を抱える。

 県漁業協同組合(秋田市)によると、2月後半から魚価の下落が進み、昨年に比べ平均で2割ほど落ち込んでいる。本県沖で水揚げされた魚介類は、県外では主に東京、仙台、新潟などに出回るが、特に首都圏の外出自粛による影響が大きい。スーパー向けの需要はあるが、料理店などで使われていた高級魚が売れないという。

 「手のひらほどのサイズのマダイ。キロ10円でした」。八峰町の漁師山本太志さん(43)は、会員制交流サイト(SNS)で、自身の置かれた窮状をこう発信した。一緒に漁に出ている他の漁師から出漁しない方がいいと提案されたが、漁をやめれば収入はゼロ。「海に出て汗水流して取ってきた魚が普段の半値以下。はっきり言って手詰まり。町の漁業は終わってしまう」と訴える。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 986 文字 / 残り 559 文字)

秋田の最新ニュース