五輪・パラ延期の影響:選手選考 勢力図変化の可能性も

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
バレーボール女子で代表入りを目指す佐藤美=昨年10月、秋田市のCNAアリーナ
バレーボール女子で代表入りを目指す佐藤美=昨年10月、秋田市のCNAアリーナ

 延期となった東京五輪・パラリンピックの新日程が決まった。だが新型コロナウイルス感染拡大の終息の見通しは立たず、代表選考は混沌(こんとん)としている。選考レースが中断している競技もあり、延期決定を受けた新たな選考スケジュールが待たれる。

 バドミントン女子ダブルスの選考は、3月の全英オープンを最後にワールドツアーが中断したまま。金メダル獲得が期待される永原和可那(24)、松本麻佑(24)組(北都銀行)は選考レースに関する措置について発表を待っている状態だ。

(全文 1215 文字 / 残り 986 文字)

連載企画:延期の先に 東京五輪・パラ本県出身