ぽぽろーど天井、木目調に模様替え 木のぬくもり増す

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
木目調のデザインに模様替えしたぽぽろーどの天井=5日
木目調のデザインに模様替えしたぽぽろーどの天井=5日

 秋田市のJR秋田駅ぽぽろーど(約260メートル)の天井の一部が、木目調に模様替えした。天井の耐震補強工事に伴うもので、市が1月に着手。2022年度までに、西口の駅ビル・トピコ横から東口のエスカレーター前までの約180メートルで順次補強工事を行い、同時に木目調のデザインに切り替える。これにより、トピコ、駅待合室、バスターミナルと合わせ、一段と木のぬくもりが感じられる駅となる。

 工事対象の約180メートルのうち、19年度は1~3月に中央改札前の約17メートルで実施。屋根から天井をつる金具を交換・補強した。木を多用している駅待合室やトピコの内装に合わせ、新たに天井板に木目調のシートを貼った。

(全文 765 文字 / 残り 468 文字)