大潟村を舞台に開拓者の姿描く NHK秋田がドラマ撮影

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大潟村が舞台のオリジナルドラマの脚本を担当する瀬戸山さん
大潟村が舞台のオリジナルドラマの脚本を担当する瀬戸山さん

 NHK秋田放送局は、大潟村を舞台としたオリジナルドラマ「金色の海」(仮)を制作すると発表した。劇作家の瀬戸山美咲さん=東京都=が脚本を担当する。今秋、村で撮影を行い、来年1月にNHKBSプレミアムで全国放送する。放送の時間帯や出演者は未定。

 「リバーズ・エッジ」などの映画脚本で知られる瀬戸山さんは、2019年度文化庁芸術選奨で文部科学大臣新人賞(演劇部門)を受賞した。昨年2月に放送された秋田放送局制作のラジオドラマ「風よとどけよ」でも脚本を担当。村が舞台となる音楽を題材にした物語を手掛けた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 461 文字 / 残り 212 文字)

秋田の最新ニュース