時代を語る・川村忠(27)新築で魅力大幅アップ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
解体マグロの競りで自らマイクを握る=平成24年6月、組合設立50周年記念祭
解体マグロの競りで自らマイクを握る=平成24年6月、組合設立50周年記念祭

 器を替えただけで、盛り付けた料理がおいしくなるわけではありません。秋田市民市場も改築に合わせ、各店舗がサービスを向上させるとともに、市場全体としても魅力アップを図る必要がありました。

 新市場は3階建て、延べ床面積が1万6千平方メートル強と旧市場の2倍以上。各店舗も通路もゆったり造りました。いろいろな催し物が開けるイベント広場を新設し、お客さんの要望が一番強かった駐車場は従来の約4倍の400台分を確保しました。

(全文 755 文字 / 残り 548 文字)

この連載企画の記事一覧