知事「独自の宣言も検討」 秋田県民へメッセージも【動画】

会員向け記事
お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
県民へのメッセージをまとめたボードを手に、秋田魁新報社の取材に答える佐竹知事=県庁
県民へのメッセージをまとめたボードを手に、秋田魁新報社の取材に答える佐竹知事=県庁

 佐竹敬久秋田県知事は6日、新型コロナウイルス感染症対策について秋田魁新報社の取材に応じ、感染経路が不明の感染者が県内で複数確認された場合、県独自の緊急事態宣言を検討する考えを明らかにした。「国の緊急事態宣言が秋田に適用されなくても、県としての緊急事態宣言という風な対応を取らざるを得ない」と述べた。

 政府が7日にも出す緊急事態宣言の対象は、東京など7都府県。佐竹知事は本県が今後対象になるかどうかに関わらず、状況次第で県独自の対策が必要との認識を示した。法的根拠のない緊急事態宣言は、感染者が一時急増した北海道が2月下旬に出している。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 716 文字 / 残り 448 文字)

秋田の最新ニュース