「久々に会えた」 マスク姿で1カ月ぶりの学校【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
児童の多くがマスク姿で登校した秋田市の大住小学校=6日午前7時45分ごろ
児童の多くがマスク姿で登校した秋田市の大住小学校=6日午前7時45分ごろ

 秋田県内の多くの小中高校で6日、新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的とした一斉休校から約1カ月ぶりに学校が再開され、新学期が始まった。児童生徒はマスク姿で登校し、友人との再会を喜んだ。人の密集を避けるためにテレビを使って始業式を行う学校もあり、異例のスタートとなった。

 秋田市の大住小学校(田口武美校長)では、午前7時半ごろからマスクを付けた児童が続々と登校。教室に入ると、教諭の呼び掛けで全員が手を洗った。普段2人一組で並べる机を、1人ずつ間隔を空けて配置した。

(全文 566 文字 / 残り 332 文字)