学校現場、手探り 「子どもたちを守る」新学期スタート

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
消毒スプレーを使い、教室の机や椅子を拭く教職員ら=6日正午ごろ、秋田市の大住小学校
消毒スプレーを使い、教室の机や椅子を拭く教職員ら=6日正午ごろ、秋田市の大住小学校

 秋田県内の多くの小中高校で6日、新学期がスタートした。新型コロナウイルスの感染防止対策として、各校は手洗いの励行や教室の換気を徹底。だが、授業が今後本格化すれば、子ども同士が接触する機会は増えると予想される。学校現場からは対応の難しさを指摘する声が出ている。

 県教育庁は3月末、文部科学省の指針を基にした感染防止対策を県立学校や市町村教委に通知。密閉、密接、密集の「3密」を学校生活で生じさせないようにするとともに、手洗いやせきエチケット、登校前の検温を児童生徒に求める内容だ。

 ただ、授業によっては子ども同士が近距離で活動する場合があり、特に音楽や体育は汗、唾液が付着する可能性がある。文科省は離れてできる内容に変更したり、後回しにしたりする対策を求めているが、学校現場には戸惑いも広がる。

 ある中学校の40代男性教諭は「学校に来る子どもを守るのがわれわれの役割。生徒に粘り強く注意を呼び掛けていきたい。対策を常に検討し、改善しながら進めていくしかない」と語る。

(全文 992 文字 / 残り 558 文字)