秋田県独自の緊急事態宣言なら…飲食店や映画館に営業自粛要請も

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
佐竹敬久知事
佐竹敬久知事

 佐竹敬久秋田県知事は7日、新型コロナウイルス感染症対策として県独自の緊急事態宣言を出した場合、不特定多数が集まる施設に営業自粛を求める方針を示した。県庁で報道陣の取材に答えた。

 佐竹知事は感染経路が不明の感染者が県内で複数確認された段階で、政府の緊急事態宣言の対象にならなくとも、独自の宣言を検討する考えを示している。これまで県内で確認された感染者11人については「全て感染経路は分かっている」との認識だ。

 佐竹知事は自粛を求める対象施設として、飲食店や映画館、ゲームセンター、パチンコ店などを例示。学校については「教育委員会と打ち合わせた上で、休校は十分にあり得る」と話した。独自の宣言を出すタイミングは、感染者が出た地域や、まん延状況によって判断する考えを示した。

(全文 578 文字 / 残り 243 文字)