オンライン講義「59%」前向き 大学生ら、質に不安も

お気に入りに登録

 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、大学の授業を教室ではなく自宅などからオンラインで同時双方向的に実施する講義に「ぜひ参加したい」「どちらかといえば参加したい」とした大学生は計59・2%と過半数に達することが日本大の臼井哲也教授が行った調査で分かった。7日までに結果を明らかにした。

 一方「どちらかといえば参加したくない」「参加したくない」と答えた大学生も計21・0%おり、教育の質や実施環境に不安を抱く大学生の姿もうかがえた。

 調査は3~4日、大学生と大学院生を対象に、アンケートを会員制交流サイト(SNS)で拡散する形で行い、1572人が回答した。