「竿燈」中止の公算、強まる 穂積市長「非常に開催難しい」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
参加者や観光客らでごった返す秋田市の竿燈まつりの会場周辺=2019年8月3日(資料写真)
参加者や観光客らでごった返す秋田市の竿燈まつりの会場周辺=2019年8月3日(資料写真)

 8月3~6日の秋田竿燈まつりについて、秋田市の穂積志市長は8日の定例会見で「開催は非常に難しいと思う」と述べた。市長は7日の秋田魁新報社の取材に「中止も選択肢。個人としては困難だと思っている」と発言。実行委員会トップが開催に否定的な見解を改めて公式の場で示したことで、今年の竿燈は新型コロナウイルスの感染拡大による中止の公算が強まった。

(全文 367 文字 / 残り 198 文字)