運転免許、郵送で更新できます 3カ月延長の特例措置

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県警運転免許センター(秋田市新屋)は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、免許の有効期間を3カ月延長できる特例措置を行っている。感染者や感染の疑いがある人、予防のため人混みを避けたい人に配慮した。更新期限が7月末までの人が対象。

 申請書と免許証のコピー、返信用封筒を免許センターに郵送すると、延長後の有効期間が記されたシールが返送される。更新手続きのできる警察署や免許センターを訪れて申請することもでき、その場合は代理人による申請も可能。担当者は「消毒液の設置や換気など感染防止策は行っているが、感染が心配な人は特例措置を利用してほしい」としている。

 問い合わせは県警運転免許センター管理第一係TEL018・824・3738

(全文 454 文字 / 残り 139 文字)