「ぱしふぃっくびいなす」秋田港寄港中止 新型コロナ影響

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
大型客船「ぱしふぃっくびいなす」(資料写真)
大型客船「ぱしふぃっくびいなす」(資料写真)

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、秋田港に5月9日に寄港する予定だった日本船籍のクルーズ船「ぱしふぃっくびいなす」(乗客定員460人)の国内ツアーが中止となった。

 秋田港へのクルーズ船寄港中止は、今回で12件目となった。現在、4~5月に寄港を予定しているのは、バハマ船籍で英国の海運会社が所有するクルーズ船「カレドニアン・スカイ」の1回だけ。同船の国内運航を管理する海運代理業「ベン・ライン・エージェンシーズ・ジャパン」(東京)は近く判断を発表するという。

(全文 397 文字 / 残り 166 文字)