不要不急の外出控えて 県、来県者への注意喚起強化【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
緊急事態宣言を踏まえた対応を協議した対策本部会議
緊急事態宣言を踏まえた対応を協議した対策本部会議

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言を受けて、首都圏などから移動してくる人が増える可能性があるとして、県は8日、移動してきた人やその家族に対して他人との接触の機会を少なくするよう呼び掛けを強めることを決めた。県第2庁舎で同日開かれた県の新型コロナ対策本部会議で決定した。

 県によると、県の公式サイトや市町村の広報紙などを通じ、2週間は健康観察を続け、不要不急の外出を避けることなどを呼び掛けていく。

(全文 656 文字 / 残り 451 文字)