外国大使の信任状奉呈式を延期 陛下の国事行為、宮内庁

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
信任状奉呈式のため、外国大使を乗せ東京駅から皇居に向かう馬車列=2017年
信任状奉呈式のため、外国大使を乗せ東京駅から皇居に向かう馬車列=2017年

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言を受け、宮内庁は8日、新任の駐日外国大使が持参した本国からの信任状を天皇陛下が受け取られる9日の「信任状奉呈式」を延期すると発表した。天皇陛下の国事行為の一つで、トンガとルワンダの新任大使が皇居を訪れる予定だった。

 宮内庁によると、東京駅から皇居まで新任大使を送迎する馬車列に見物客が集まることなどから、感染拡大防止のため延期に。延期後の日程は未定。予定していた東ティモール、マリ、タンザニアの新任大使の奉呈式も含め、再調整する。

 奉呈式は、皇居・宮殿で最も格式の高い「松の間」で行われ、大使が陛下に信任状を手渡す。