森山に「通行注意」の看板 五城目町、当初は「車両自粛」予定

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
森山を訪れる一般車両に向け通行の注意を促そうと設置された看板
森山を訪れる一般車両に向け通行の注意を促そうと設置された看板

 秋田県五城目町は、町のシンボルとなっている森山(325メートル)の車道の交通事故防止策として、一般車両に向けて通行の注意を呼び掛ける看板を車道脇に設置した。車道は森山の麓から眺望の良さで知られる第2高地(約285メートル)に通じているが、道幅が車1台分ほどと狭く勾配が急で、カーブや未舗装区間も多い。

 車道を管理する携帯電話事業者のNTTドコモ東北支社と町との連名で注意を呼び掛ける内容。国道285号から町道を経て、ドコモ東北の管理道に入るまでの間に7日までに2枚を設置した。いずれも幅約1メートル、高さ約2メートル。

(全文 521 文字 / 残り 261 文字)