地方点描:単独の道[能代支局三種町駐在]

お気に入りに登録

 「そりゃ大変ですよ。規模の大きくないJAが、単独でやっていくんですから」。声の主は、独自の経営で全国の注目を集めるJA越前たけふ(福井県越前市)の冨田隆組合長(77)。福井県では1日、全11JAのうち10JAが合併して「JA福井県」が発足。越前たけふは県単一JA構想から唯一離脱し、単独の道を選んだ。

 組合員は約1万人。8年前から全国で初めてコメ全量の独自販売を始め、業者との共同開発で肥料価格を2割以上下げるなど農家所得向上に力を注いできた。民間の損保商品も代理店契約を結んで取り扱う。今春には税理士や弁護士が無料相談に応じるコンサルティングセンターを新設。特色ある運営が農家の支持を得ている。

(全文 646 文字 / 残り 347 文字)