時代を語る・川村忠(30)会社化で生き残りを

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
定例の理事会に出席(右)=今月2日、秋田市民市場
定例の理事会に出席(右)=今月2日、秋田市民市場

 人口減と少子高齢化は、秋田市民市場にとっても実に深刻です。人口が減る分、モノやサービスの消費量が減少します。育ち盛りの子供が少なくなれば、食品や衣料、レジャーなどの消費が鈍り、1人当たりの消費量が少ない高齢者が増えれば増えるほど、消費総量は減じていきます。つまり経済のパイが小さくなっていくのです。

 これに大型店やスーパー、さらに無店舗型通販との競合が加わります。市場は小さくなっていくパイの奪い合いを迫られ、今後それは加速度的に進んでいくとみていいと思います。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 764 文字 / 残り 532 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース