1億円詐取か、大館の元社長ら逮捕 仮想通貨ソフトで詐欺容疑

会員向け記事
お気に入りに登録

 仮想通貨ビットコインを自動売買して利益を得られるソフトがあると偽り、使用料名目で現金をだまし取ったとして、埼玉、長崎両県警は8日、詐欺の疑いで大館市有浦、ソフト販売会社元社長の男(33)ら男4人を逮捕した。全国の約130人から、総額約1億円を詐取したとみて調べる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 227 文字 / 残り 94 文字)

秋田の最新ニュース