ガソリン価格、秋田市で110円台も 県内、値下がり続く

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田市内ではレギュラーガソリン1リットル当たり120円を切るガソリンスタンドが目立つ
秋田市内ではレギュラーガソリン1リットル当たり120円を切るガソリンスタンドが目立つ

 経済産業省が8日発表した6日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの秋田県内平均小売価格は、3月30日時点の前回調査と比べて2円安い127円30銭だった。9週連続の値下がりで、127円台は3年4カ月ぶりとなった。軽油や灯油も値下がりが続き、一般消費者からは歓迎する声が聞かれたが、ガソリンスタンドや運送業者にとっては簡単に喜べる状況にはないようだ。

 石油製品価格を調査する石油情報センターによると、新型コロナウイルスの感染拡大による世界経済の減速懸念から原油価格が下落し、小売価格に反映された。石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟の産油国による協調減産協議が3月に決裂したことも依然、全国的に下落傾向を加速させている。

(全文 1051 文字 / 残り 738 文字)