将来は上小阿仁でホオズキ農家に 新たな協力隊員、植松さん

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
上小阿仁村の地域おこし協力隊に委嘱された植松さん(左)
上小阿仁村の地域おこし協力隊に委嘱された植松さん(左)

 秋田県上小阿仁村は9日、新たな地域おこし協力隊員として採用した北秋田市出身の植松英尚さん(38)に委嘱状を交付した。村の特産品である食用ホオズキを栽培するほか、新たな加工法の考案などにも取り組む。

 植松さんは妻(40)と村へ移住。村の野外生産試作センター(大林)でホオズキの栽培技術を学び、加工や調理の方法も考える。将来はホオズキ農家として独立を考えている。

(全文 413 文字 / 残り 233 文字)