防衛相、4月の来県見送りか 地上イージス計画で視察の予定

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
河野太郎防衛相(資料写真)
河野太郎防衛相(資料写真)

 地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画を巡り、河野太郎防衛相は9日、4月中で調整していた秋田県訪問を取りやめる可能性を示唆した。防衛省で自民党県連の国会議員と会談した際、新型コロナウイルスの感染拡大に言及し、「現地へ行こうと思っていたが、こういう状況の中でどうするかを相談させていただきたい」と述べた。

 河野氏は今年1月、防衛省で佐竹敬久知事や穂積志秋田市長と会談し、現地視察に向けて日時と場所を検討する意向を示した。3月下旬の会見では、4月中の訪問を調整中と説明。現地を「しっかり見たい」と話していた。

(全文 517 文字 / 残り 256 文字)