【WEB独自】「自分で考え、行動を」 ローマから日本へ警鐘

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ローマで1人暮らしを続ける宮野さん。長引く外出制限に「精神的に疲れてきた」とこぼす(本人提供)
ローマで1人暮らしを続ける宮野さん。長引く外出制限に「精神的に疲れてきた」とこぼす(本人提供)

 新型コロナウイルスの感染拡大が深刻なイタリア。首都ローマに住み、国立ボルツァーノ音楽院に通うピアニストの宮野恭輔さん(27)=秋田県秋田市出身=は、厳しい罰則付きのロックダウン(都市封鎖)が全土で続く中、自宅で練習に励む日々を送る。

 インターネットを通じて日本の情報にも触れている宮野さんは、不要不急の外出をする人が散見される現状に、「ウイルスの恐ろしさを分かっていない人が多いのではないか。正直今の日本は、1カ月ほど前の感染が爆発的に広がるイタリアにとても似ているように感じる」と警鐘を鳴らす。

(全文 516 文字 / 残り 267 文字)