農林水産物の輸出額、8・6%減 1~2月、高級品落ち込む

お気に入りに登録

 農林水産省は10日、1~2月の農林水産物・食品の輸出額が前年同期比8・6%減の1221億円だったと発表した。新型コロナウイルス感染拡大の震源地となった中国や、香港向けの水産物が減った。特にホタテや真珠など高級品の落ち込みが目立った。

 輸出額の内訳は、水産物が29・7%減の300億円、林産物が11・5%減の47億円。畜産を含む農産物は873億円で2・2%増えた。国・地域別では中国が15・3%減、香港が21・4%減だった。

 主力の品目では、中華料理の食材に使われるホタテが35・9%減の30億円。真珠も88・1%減の10億円と大幅に減った。