陛下「試練、力合わせ克服願う」 専門家から進講

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
専門家会議副座長の尾身茂氏(右)からの進講を受ける天皇、皇后両陛下=10日午後、赤坂御所(宮内庁提供)
専門家会議副座長の尾身茂氏(右)からの進講を受ける天皇、皇后両陛下=10日午後、赤坂御所(宮内庁提供)

 天皇、皇后両陛下は10日、住まいの赤坂御所で、新型コロナウイルスの感染状況などについて、政府の専門家会議副座長の尾身茂・地域医療機能推進機構理事長から進講を受けられた。冒頭で陛下が「感染症拡大は人類にとって大きな試練。今後、皆がなお一層心を一つにして力を合わせ、難しい状況を乗り越えていくことを心から願っています」などと述べた。

 宮内庁によると、両陛下は感染拡大について大変憂慮している。進講で尾身理事長は新型コロナウイルスの特徴などについて説明。マスク姿の両陛下は「オーバーシュート回避には何が必要なんですか」「医療現場は本当に大変ですね」などと話した。