オンラインでの初診の留意点通知 人工呼吸器の設定変更も容認

お気に入りに登録

 厚生労働省は10日、初診患者らにオンライン診療を実施する際の留意点をまとめ、都道府県に通知した。新型コロナウイルスに感染した患者に人工呼吸器を使う際、他の医療機関の専門医がオンラインで、経験の浅い医師に設定変更の指示を出すことも容認した。

 初診からのオンライン診療は、感染拡大が終息するまでの特例措置で、院内感染を防ぎ、医療崩壊を防止することが狙い。厚労省が自治体から対応可能な医療機関の情報を集め、一覧を作成する。診療ができるかどうかは医師が判断。見逃しなどの恐れを患者に説明し、事前同意を得る必要があることも明記した。