フィデアHD、純利益6割減に修正 3月期連結予想、コロナで売却損

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
北都銀行本店(資料写真)
北都銀行本店(資料写真)

 北都銀行(伊藤新頭取)の持ち株会社フィデアホールディングス(フィデアHD、仙台市、田尾祐一社長)は10日、2020年3月期末の連結の業績予想を下方修正すると発表した。純利益を当初予想の33億円から63・6%減の12億円に修正した。新型コロナウイルスの感染拡大により、国債や株式などの市場運用で売却損が生じたことが主な要因。

(全文 490 文字 / 残り 328 文字)