秋田市立小中高、26日まで休校 生徒2人のコロナ感染受け

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田市内の中高生2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した穂積市長(右)と佐藤教育長
秋田市内の中高生2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した穂積市長(右)と佐藤教育長

 秋田市は11日、市内の女子高校生と男子中学生の2人が新たに新型コロナウイルスに感染したとして、市立小学校、中学校、高校、秋田公立美大付属高等学院を12日から26日まで一斉休校にすると決めた。市内の県立学校の措置について県教育庁は「検討中」としている。

 市は、11日に新たに感染が確認された高校生と中学生は、秋田商業高校と山王中学校の生徒だと明らかにした。所属校を公表した判断については「市民に不安を与えないようにするため」としている。

 市によると生徒2人は、前日に感染が確認された40代女性の子ども。県内では14、15例目、市内では5、6例目となった。2人に症状はなく、母である40代女性が検査を受けた10日から自宅待機している。9日は2人とも登校していた。詳細な行動歴について市保健所が調べる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 669 文字 / 残り 320 文字)

秋田の最新ニュース