仕事のゲンバ:カクテル&ウイスキー レディ(秋田市) 最高の一杯届けたい

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田市大町の「カクテル&ウイスキー レディ」。繁華街・川反で、半世紀以上にわたり愛されている=3月28日
秋田市大町の「カクテル&ウイスキー レディ」。繁華街・川反で、半世紀以上にわたり愛されている=3月28日

 カウンター越しの棚にウイスキーやブランデー、リキュールなど200本ほどのボトルが整然と並ぶ。酒の種類や産地ごとに細かく区分。色鮮やかな果実酒を中央に置いたのは、客の目も楽しませたいとの思いからだ。昨今流行の国産ウイスキーが目立つ位置にあるのも、会話の糸口になればいいとの考えがある。

 秋田市大町3丁目のバー「カクテル&ウイスキー レディ」。発光ダイオード(LED)ライトで照らされたボトルが幻想的に浮かび上がる店には、思い思いの会話を楽しむ客が詰め掛け、きょうも夜が更けてゆく。

(全文 2351 文字 / 残り 2111 文字)

この連載企画の記事一覧