Q&A:黄砂なぜ起きる?

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
気象庁による黄砂の飛来予測(気象庁提供)
気象庁による黄砂の飛来予測(気象庁提供)

 Q 今朝、車の上に黄色い砂みたいなのが積もっていたよ。お父さんは「黄砂だ」と言っていたけど、黄砂って何?

 A 日本の西、大陸から細かい砂が飛んでくる現象のことを黄砂と言います。砂の直径は、250分の1ミリほどと、とても小さいです。2月から5月ごろにかけて飛んでくる量が増え、車の上や手すりなどに薄く降り積もります。量が多いと洗濯物にも付きます。街がかすんで空が黄色く見え、夕日が赤く染まることがあります。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 902 文字 / 残り 699 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース