子どもたち、学童保育に続々と 保護者、また預け先探し

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
臨時休校が始まり、朝から学童保育で遊ぶ子どもたち=13日午前9時ごろ、秋田市大町のきらら学童クラブかんとう通り
臨時休校が始まり、朝から学童保育で遊ぶ子どもたち=13日午前9時ごろ、秋田市大町のきらら学童クラブかんとう通り

 新型コロナウイルスの感染拡大防止策として、秋田市などの学校で臨時休校が始まったのを受け、小学生を放課後に預かる市内の放課後児童クラブ(学童保育)には13日朝、保護者が子どもを預けるため続々と訪れた。

 同市大町の「きらら学童クラブかんとう通り」では、午前7時半すぎから児童が集まり始めた。スタッフは「手洗い、うがいをしてから遊んでね」と一人一人に声を掛けて迎え入れた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 815 文字 / 残り 631 文字)

秋田の最新ニュース