再び休校に…「正しい判断」 保護者から理解示す声 秋田市

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 新型コロナウイルスの感染者が秋田市内で相次いで確認されたことを受け、同市などの小中高校、特別支援学校は再び臨時休校となった。再開からわずか1週間での休校に12日、保護者らからは戸惑いつつも、感染防止措置として理解を示す声や感染した生徒を気遣う声が聞かれた。学校現場では、教職員が各家庭への連絡など対応に当たった。

 「学校再開に不安もあったし、自宅にマスクがない子もいる中で密集は避けるべき」。子どもが川尻小学校に通う高津咲子さん(37)は休校に賛成の考えで、中高生の感染に「本人たちが一番気の毒」と身を案じた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 829 文字 / 残り 573 文字)

秋田の最新ニュース