新型コロナの波紋:県飲食業生活衛生同業組合・齊藤育雄理事長 川反、半数が臨時休業

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
新型コロナの影響を語る齊藤理事長=秋田市・川反の秋田乃瀧
新型コロナの影響を語る齊藤理事長=秋田市・川反の秋田乃瀧

 新型コロナウイルスの感染拡大は、県内経済に暗い影を落としている。それぞれの業界は、この危機をどう受け止め、どう乗り越えようとしているのか、関係者に話を聞く。初回は県飲食業生活衛生同業組合の齊藤育雄理事長に、現状や必要な支援策などを尋ねた。

 ◇  ◇

 ―影響の大きさは。

 「リーマン・ショックや東日本大震災よりも大きい。私の店がある秋田市大町の繁華街・川反で言えば、2月から県外客が減り、3月は県内の人も出歩かなくなったように感じる。通りにほとんど人がいない。歓送迎会から花見、ゴールデンウイークという繁忙期の流れが全てなくなった。竿燈まつりの中止が決まったのもかなりの打撃だ。まつり期間中に8月の収入の大部分を稼ぐ店や、屋台を出している店も多い。頼みの綱が切れたようで、気持ちも沈んでしまう」

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース