佐藤養助商店、中華そばも出します 旧本店改装、他社と連携

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
バリアフリー化した店内
バリアフリー化した店内

 稲庭うどん製造販売「佐藤養助商店」の旧本店(秋田県湯沢市稲庭町)をリニューアルしたレストラン「別館 養心庵」が14日オープンした。店内をバリアフリー化し、メニューに地元他社の商品を使った中華そばやカレーを加えるなど、連携による地域振興をコンセプトにしている。

 同社によると、旧本店は1986年に同社のレストラン部門としてオープン。近くにレストランと事務所、工場を兼ねた総本店が完成した08年からは、繁忙期のみ営業していた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 619 文字 / 残り 407 文字)

イベントニュース