ネットで面会、利用者と家族つなぐ 鹿角の社会福祉法人

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
オンライン面会の映像や声の通り具合を確認する「はなわあいの」の利用者と愛生会職員
オンライン面会の映像や声の通り具合を確認する「はなわあいの」の利用者と愛生会職員

 秋田県鹿角市の社会福祉法人愛生会は13日、運営する高齢者施設2カ所でインターネットを活用したオンライン面会を始めた。利用者と家族らが互いの顔を見ながら会話できるのが特徴。同法人は「面会に直接来られない家族と利用者の交流促進につなげたい」としている。

 オンライン面会を始めたのは特別養護老人ホーム「ケアホームおおゆ」と、地域密着型特養・ショートステイ「はなわあいの」。家族らが施設に予約した上で、利用者と10分間ほど会話できる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 488 文字 / 残り 274 文字)

秋田の最新ニュース