新型コロナの波紋:県トラック協会・赤上信弥会長 物流維持、大切な使命

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「物流を止めないよう責任感を持って仕事をしていく」と語る赤上会長=秋田市寺内の県トラック協会
「物流を止めないよう責任感を持って仕事をしていく」と語る赤上会長=秋田市寺内の県トラック協会

 ―新型コロナウイルスの感染拡大は、県トラック協会の会員企業に影響を及ぼしているか。

 「国内の企業活動の停滞により、貨物輸送のキャンセルが生じるなど取扱量が減少している。特に海外からの輸入が滞っている影響で自動車部品や建設資材、工業製品などの貨物量が落ち込んでいる。3月からの臨時休校を受け、給食を各学校へ運ぶトラックも打撃を受けた。秋田市は再び休校措置となっており、トラックを動かせない状況が続く。こうした物を取り扱う会員企業にとっては死活問題だ」

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 934 文字 / 残り 709 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース