野良猫不妊・去勢、にかほに県内初の協力病院 基金から手術代

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
去勢手術を終えた猫と木村院長
去勢手術を終えた猫と木村院長

 野良猫の不妊・去勢手術に取り組む、秋田県にかほ市金浦の木村いぬねこ病院(木村貴美代院長)は、野良猫を持ち込んだ人が金銭を負担せず手術を受けさせられる仕組みを整えた。手術への助成を行っている公益財団法人・どうぶつ基金(兵庫県芦屋市)の協力病院に県内で初めて登録した。

 どうぶつ基金は一般からの寄付を原資に、動物病院へ手術の助成金を支給している。手術を受けさせたい人や団体が同基金に申請してチケットを受け取り、同病院に持参して野良猫を手術してもらう。手術後の猫は元いた場所に返す。同基金から同病院に一定の手術代が支払われる。

(全文 663 文字 / 残り 402 文字)