新型コロナの波紋:県ハイヤー協会・佐々木宏行会長 秋田市、売り上げ激減

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「今までにない苦境を迎えている」と語る佐々木会長=秋田市八橋の県自動車会館
「今までにない苦境を迎えている」と語る佐々木会長=秋田市八橋の県自動車会館

 ―新型コロナウイルスの感染拡大で、タクシー業界にどのような影響が出ているか。

 「3月の売り上げは平均して前年同月より2割ほど減っているようだ。中でも秋田市内の落ち込みが大きく、3月は前年同月と比べて4割ほど減り、4月は5割以上減少しそうだ。旅行や出張の自粛で秋田新幹線こまちや飛行機の利用者が減り、JR秋田駅や秋田空港でタクシーを利用する人が少なくなった。東日本大震災の際は燃料の入手が難しくてタクシーを動かしづらいことはあったが、人の移動はあり、タクシーへの需要もあった。今のように乗客が少ない状況は初めてだ」

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 973 文字 / 残り 716 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース