試練を越えて(3)秋田商高・テニス 練習できる喜び確認

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
自粛明けの練習に熱が入る秋田商テニスの選手たち=7日
自粛明けの練習に熱が入る秋田商テニスの選手たち=7日

 秋田商テニス部男子は昨秋の東北選抜選手権で準優勝し、全国選抜大会(3月20~26日、福岡市)に14年ぶりの出場を決めた。ダブルス2組、シングルス3人で行われ、チームの総合力が問われる中、実力派のエース野坂迅(2年)を中心に、競技歴が浅い現3年生も踏ん張った。

 主将の伊藤寿馬(3年)は八郎潟中時代、ソフトテニス部に入ったが、同級生の仲間に恵まれず、二学年上の先輩が引退した1年秋には部員が伊藤一人だけになり、心細い思いをした。

秋田の最新ニュース