保護者「正直ほっとしている」 緊急事態宣言に安堵と不安

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
帰り際、職員に手を振る児童=16日午後6時半ごろ、秋田市外旭川の外旭川児童クラブ
帰り際、職員に手を振る児童=16日午後6時半ごろ、秋田市外旭川の外旭川児童クラブ

 安倍晋三首相が新型コロナウイルス感染拡大に対応する緊急事態宣言の対象地域を全都道府県に拡大する意向を固めた16日夕、秋田市大町の「きらら学童クラブかんとう通り」には、子どもを迎える保護者らの姿があった。

 同市の会社員外崎清香さん(38)は「緊急事態宣言が出て、正直ほっとしています」。接客業をしており、毎日の仕事は不安との戦いという。対象が全国に広がることで休みやすくなるかもしれないと期待。「自分の身の安全を守り、子どもの面倒も自ら見ることができたらそれに越したことはない」と話す。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 666 文字 / 残り 423 文字)

秋田の最新ニュース