新型コロナの波紋:県旅館ホテル生活衛生同業組合・堀田雅人副理事長 終息後、家族で訪れて

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
新型コロナの県内宿泊施設への影響を語る堀田副理事長=仙北市田沢湖の青荷山荘
新型コロナの県内宿泊施設への影響を語る堀田副理事長=仙北市田沢湖の青荷山荘

 ―宿泊業の現状は。

 「客数が大幅に減少している。私が仙北市で経営するホテルでは、2月までは前年並みの売り上げだったが、3月には前年同月の3割ほどに落ち込んだ。7月中旬までの予定で、今月16日から休業している。県内の宿泊施設全体としても、4、5月は前年同月の1~3割ほどの売り上げとなるだろう。ゴールデンウイーク(GW)期間は花見の季節でもあり、例年だと県外からの観光客も多く見込めるが、今年は期待できない。厳しい状況だ」

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1033 文字 / 残り 822 文字)

この連載企画の記事一覧