発言から読む佐竹県政(下)人口減対策 「社会減半減」道険しく

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
第3期ふるさとプラン 主な指標の達成状況
第3期ふるさとプラン 主な指標の達成状況

 三つどもえとなった2017年4月の県知事選。佐竹敬久知事は次点の元職に20万票を超える大差をつけ、3選を果たした。選挙戦で掲げたスローガンは「人口減少の克服」。当選後初の記者会見で、こんな認識を示している。


 <<人口減対策というのは、かつては所得対策だったんです。私が県庁に就職した頃からずっと、県政の大目標は県民所得の向上。所得の向上というのは産業政策であり、農業政策でもある。(大都市との)所得の差が縮まらなかったから、人口減、社会減になっている。>>

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1336 文字 / 残り 1107 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース