ニュースの「つぼ」:秋田市・広小路の歩行者天国

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
広小路での歩行者天国の様子。左は1970年11月、右は2017年5月
広小路での歩行者天国の様子。左は1970年11月、右は2017年5月

 秋田市中心部のまちづくりを話し合う「市中心市街地活性化協議会」。3月に開かれた会合では、広小路での定期的な歩行者天国の実施に向けて調査・研究を行うことを決めた。現在はイベントで不定期に通行止めを行っているが、実現は可能なのか―。

 会合には秋田市や商工・観光団体、金融機関などから委員18人が出席し、2020年度の事業計画と予算を決めた。予算総額292万円のうち、歩行者天国に関する調査・研究事業費として15万円を計上。調査業者などに依頼して費用や課題を研究する。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1021 文字 / 残り 789 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース