比内地鶏のローストチキンお届け 販売不振を宅配で支援

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ローストチキンを宅配するボランティアメンバー(左)=大館市比内町扇田
ローストチキンを宅配するボランティアメンバー(左)=大館市比内町扇田

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で販売不振に陥っている比内地鶏の消費拡大に貢献しようと、秋田県大館市の青年団体有志が18日、市内飲食店が特別価格で提供するローストチキンを市内で宅配するボランティアを始めた。県から不要不急の外出自粛が求められている中、比内地鶏を1羽丸ごと家庭で味わってもらい、地元のブランドを守る一助になりたいとしている。19日と25、26日も活動する。

 配達する比内地鶏のローストチキンは、プラザ杉の子が製造販売する。主にクリスマスの時期に提供している商品で、価格は今回の企画に合わせ2割以上安い1羽5千円(税込み)。2キロ超の地鶏を丸ごと焼き上げている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 872 文字 / 残り 584 文字)

秋田の最新ニュース