男鹿の切り昆布、煮物でもサラダでも いとくで限定販売

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
渉水産が限定販売しているボイル切り昆布
渉水産が限定販売しているボイル切り昆布

 秋田県男鹿市船川港台島の渉水産(鈴木渉代表)は、旬の男鹿産昆布を使ったボイル切り昆布をスーパー「いとく」県内店舗で今月末まで限定販売している。養殖した生の昆布を使っており、新鮮でシャキシャキした食感が特徴。切り昆布を使った加工品も自社のインターネットサイトで売り出している。

 渉水産は鵜ノ崎沖でワカメと昆布を養殖している。今シーズンはワカメが不漁だったが、昆布は順調に成長。先月下旬に収穫が始まった。ボイル切り昆布は収穫時期に合わせ、毎年販売している。

 問い合わせは同社TEL0185・27・8666

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 426 文字 / 残り 175 文字)

秋田の最新ニュース