太郎君は竿燈の中止をどう思っているのでしょうか?

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
男性が撮影した大若の演技をする「太郎君」=2018年8月
男性が撮影した大若の演技をする「太郎君」=2018年8月

 「太郎君は竿燈まつりの中止をどう思っているのでしょうか?」。そんな心配を記したメールが、秋田魁新報社に届いた。

 送り主は秋田市内に住む68歳の男性。毎年、秋田竿燈まつりの期間中は4日間とも通い詰める、生粋の竿燈ファンだという。

 まつり会場にあまたいる差し手の中で、男性がこの十年来、とりわけ注目する少年がいた。駅東竿燈会に所属する「太郎君」。小柄な体で大人顔負けの演技をする太郎君に夫婦そろって歓声を送り、その成長ぶりを確認するのが毎年の楽しみだった。

(全文 705 文字 / 残り 478 文字)

この連載企画の記事一覧