時間差で合唱は難しいけど…オンラインでゴスペル【動画】

会員向け記事
お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
オンライン会議ソフトを使って開かれたゴスペル教
オンライン会議ソフトを使って開かれたゴスペル教

 秋田県三種町を拠点に活動するゴスペルグループ「三種ゴスペル」は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、インターネットのオンライン会議ソフトを使った練習を始めた。19日は県内外に住むメンバーがそれぞれの自宅などで歌を披露し楽しんだ。5月もこの形式で続ける。

 三種ゴスペルは2019年10月に発足した。能代市二ツ井町出身のソウル歌手、塚本タカセさん(34)=都内在住=の指導で町内外の約20人が月1回練習。バスケットボール・秋田ノーザンハピネッツの試合など各種イベントで歌を披露してきた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 911 文字 / 残り 670 文字)

秋田の最新ニュース