教養大、オンライン授業スタート 導入は県内大学で初めて

会員向け記事
お気に入りに登録

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国際教養大学(秋田市雄和)は20日、インターネットを使った遠隔形式の「オンライン授業」で新学期をスタートさせた。感染対策としてオンライン授業を導入したのは県内の大学で初めて。

 教養大は先月中旬、感染防止と安定した授業運営の観点から授業のオンライン化を決定。授業開始を当初予定の4月9日から20日に繰り下げ、教員ら約100人が準備を進めてきた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 300 文字 / 残り 110 文字)